「家の作りやうは夏を旨とすべし」

「家の作りやうは夏を旨とすべし」とは古くから言われていることですが、四季の区別がはっきりしている日本は建物にとってとても厳しい環境といえます。その中でもできるだけ機械設備に頼らず、快適に暮らし、かつ家を長持ちさせるためには、伝統的な日本家屋形状が理にかなっている部分も多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です