■建築設計監理の代理契約にて建築主を強力にサポートする岐阜県揖斐川㈱すぎはら設計のサイトです.............住宅・ショップ・オフィス・工場等建築に関わる「夢の実現」や「難しいこと」を工事請負契約を目的としない中立な立場で、プランニング段階より他の士業専門家と協力して個性と目的の具現化に向かい応援いたします。





住宅の廊下は文章の余白のようなもの

玄関から南へ向かった正面が和室、その東隣が居間、その廊下はご覧のような長さです。

住宅のプランを練ってまとめ上げる過程では廊下などの通路は延べ面積を節約するためにどうしてもなくしたい部分、無駄な部分でついのけ者にしたくなる部分です。

ところが廊下に限らず、ちょっと広すぎるかなと思う居間、フレキシブルな区切りで使い分けを前提に作った広間など、文章で言えば余白、落語の間の取りかたにも似た妙味があるものなのです。

予算の無駄遣いどころか、建築主さんも設計者も完成したときの充実感を味わえる空間になるのです。

床はカバのフローリング、壁は珪藻土のジュラク塗り、天井は杉の柾目板、ダウンライトは多すぎないように明かりがほんのりと。

rouka_110822.jpg

rouka_110822-1.jpg


投稿日:2011年11月07日

投稿者 arhiro : 2011年11月07日 19:48

-->