■建築設計監理の代理契約にて建築主を強力にサポートする岐阜県揖斐川㈱すぎはら設計のサイトです.............住宅・ショップ・オフィス・工場等建築に関わる「夢の実現」や「難しいこと」を工事請負契約を目的としない中立な立場で、プランニング段階より他の士業専門家と協力して個性と目的の具現化に向かい応援いたします。





階段や廊下は脇役ではない

設計段階で建築主さんの要望をお聞きしながら設計者としての「こだわりややりたいこと」との間を埋めていくと、あちこちで壁にぶつかります。

何度も打ち合わせを重ねるうちに迷路にさまよう込むこともしばしば。

特に面積の制約という壁にぶつかると階段や廊下といった居室と居室を繋ぐ部分は消す工夫をし始めます。

ところがそういったときこそ階段は1階と2階を繋ぐ縦方向の廊下となるため両方の階のプランを決めてしまうことを思い起こし、最大限生かすことに集中してプランを練り直すとあっさり解決することがあります。

このあたりは実際やってみてわかる経験的な面白さ、パズルゲームにも似た爽快感です。

そして面積節約には無駄とも思えた階段や廊下は明るさや風の通り道となりむしろ脇役ではありません。

画像は居間の北側にあり1階の中央部にある階段と玄関から南へ、そして東へ回り込んで居間へ入る部分にある廊下です。

kaidan_110708-2.jpg

kaidan_110708-1.jpg


投稿日:2011年12月11日

投稿者 arhiro : 2011年12月11日 21:03

-->