■建築設計監理の代理契約にて建築主を強力にサポートする岐阜県揖斐川㈱すぎはら設計のサイトです.............住宅・ショップ・オフィス・工場等建築に関わる「夢の実現」や「難しいこと」を工事請負契約を目的としない中立な立場で、プランニング段階より他の士業専門家と協力して個性と目的の具現化に向かい応援いたします。





新年は太陽光発電から

2012年1月1日

新年あけましておめでとうございます。

本年も肩の力を抜いてマイペースブログを続けたいと思います、どうぞ宜しくお願いします。

昨年暮れに設置した我が家の太陽光発電、12月26日に降った雪が積もってご覧の通りでした。

反省点はパネルに勾配をつけておけば良かった・・・・・・

でしたが京セラさんの製品保証規定では折半屋根のボルト工法の場合に勾配をつける架台を設置するには折半の裏側に下地のアングルを入れて固定度を確保しなければならないようです。

既設の古い折半屋根には費用対効果では不利なようだというのが結論でした。

雪が載っている期間は約1週間、その間は発電0kw。

当然ですよね、ごらんの状態では当たり前、スコップを持って除雪を試みましたが鉄板屋根の上で滑って転んで怪我するのが怖くて中止。

弱いおじさんでした。

雪が解けた跡の12月の31日には2.0kwまで回復しました。

しかしここでまた発見です。

パネルの能力としては4.05kw、勾配がないことを考慮に入れると3.8kw、さらに冬という太陽の入射角の低さでさらに発電量は低下ということでしょうか。

ちなみに12月の1日から20日までの売電額は4000円程度でした。

暑い夏は嫌いだが、早く来い真夏よ・・・・・・・・・


sun_120101.jpg

sun_120101-1.jpg


投稿日:2012年01月01日

投稿者 arhiro : 2012年01月01日 06:56

-->