■建築設計監理の代理契約にて建築主を強力にサポートする岐阜県揖斐川㈱すぎはら設計のサイトです.............住宅・ショップ・オフィス・工場等建築に関わる「夢の実現」や「難しいこと」を工事請負契約を目的としない中立な立場で、プランニング段階より他の士業専門家と協力して個性と目的の具現化に向かい応援いたします。





吹き抜けは何のために

吹き抜けは1階の居間を中心に繋がるダイニングやキッチン、和室などの空間と2階の廊下から各個室へと、タテ方向からヨコへの広がりと連続して、ひとつの空間になってしまいます。

それぞれの繋がり方は、用途上の関係の深さに比例して相互の開放性が決定されています。

例えば、居間とダイニングはほとんどの生活時間で一体でなければなりませんが、不意の来客時などには大きな間仕切りで区切ります。

トイレや洗面所、個室は開放された吹き抜けに繋がってはいますが、扉や視線に遮られて独立性を確保できるようになっています。

この考え方は空気も壁で完全に区切られてしまうことのないように、家全体がひとつの熱環境の容器である必要性と呼応しています。

断熱や気密などの省エネルギー性能を確保できてはじめて実現するのです。

画像は2階の吹き抜けを囲む廊下部分ですが、1階の居間の一部であっても廊下の独立性、2階の独立性を確保するために手すりの役割に棚としての役割を付加しています。

惜しむらくは住宅の吹き抜けの排煙窓の扱い方が複雑なこと、上部に見える排煙オペレータを設置した四連窓に違和感を感じませんか。

火災時の煙抜きを目的にしているのであれば、公共的要素のいちばん低い住宅においては多くの選択肢を用意して欲しいものです。

建築基準法の考え方を整理の必要性を感じます。

hukinuke_110702.jpg

hukinuke_110702-1.jpg


投稿日:2011年12月28日

投稿者 arhiro : 21:08

階段や廊下は脇役ではない

設計段階で建築主さんの要望をお聞きしながら設計者としての「こだわりややりたいこと」との間を埋めていくと、あちこちで壁にぶつかります。

何度も打ち合わせを重ねるうちに迷路にさまよう込むこともしばしば。

特に面積の制約という壁にぶつかると階段や廊下といった居室と居室を繋ぐ部分は消す工夫をし始めます。

ところがそういったときこそ階段は1階と2階を繋ぐ縦方向の廊下となるため両方の階のプランを決めてしまうことを思い起こし、最大限生かすことに集中してプランを練り直すとあっさり解決することがあります。

このあたりは実際やってみてわかる経験的な面白さ、パズルゲームにも似た爽快感です。

そして面積節約には無駄とも思えた階段や廊下は明るさや風の通り道となりむしろ脇役ではありません。

画像は居間の北側にあり1階の中央部にある階段と玄関から南へ、そして東へ回り込んで居間へ入る部分にある廊下です。

kaidan_110708-2.jpg

kaidan_110708-1.jpg


投稿日:2011年12月11日

投稿者 arhiro : 21:03

カンディーハウスのデザイン

カンディーハウスは北海道の木を使ってオリジナルデザインの家具を作ってくれる注文家具メーカーです。

設計当初より建築主さんからご自分で内装デザインに合う家具を探してみたいということで相談を受けていました。

家具には「造り付け」といって建物の一部になってしまうような固定式で製作工場もその専門分野があるもの、従来の「置き家具」形式の製作工場と大きく分かれています。

使用する機械は似ているかもしれませんが、カンディーハウスのような置き家具形式ではデザインや木の使い方、継ぎ手の方法、加工の方法など、各社で工夫を凝らして特徴をアピールしています。

名古屋のショールームへも確認に出かけてしつらえたのが、居間のテレビボードやテーブル、ソファー、ダイニングのテーブルや椅子です。

内装の仕上がりは木のテクスチャーとそれ以外の面積比や配置や色のバランスにいつも注意していますが、建築主さんもその考え方を汲み取って購入していただけました。

しっくり似合っているのが気持ちいいです。

kagu_110708.jpg

kagu_110708-1.jpg


投稿日:2011年11月21日

投稿者 arhiro : 07:56

居間の吹き抜けボリュームは生活のボリュームを豊かに

居間は住宅の中央部、東がダイニング、西が和室、北が洗面やバスといった位置関係です。

居間は、廊下と階段室、ダイニングとは天井までの可動間仕切りでワンルーム化できるようになっており、画像は南から北の廊下と階段の方向を見上げています。

2階の廊下は東西に分かれた個室を繋ぐ橋のように架かっており、その上部に吹き抜け空間で不足する水平構面を補うために設けたロフト、杉張りの勾配天井の北向き勾配には自動開閉のトップライトが見えています。

ビューは気持ちの良い空間ですが、興味がある方から訊ねられることが部屋の上下の温度差が出来てしまわないかという心配です。

夏冬の暑い寒いという感覚には個人差があり、誰もが温度差を感じない空間を作ることは無理ですが、気密度と断熱性能を高めてやりエアコンの気流を調整するサーキュレーターを設置することによって、かなり緩和できることを何度も経験しています。

最近のエアコンは思った以上に高性能なのもこの現場で知りました。

気流の調整、省エネ、掃除メンテナンス、騒音抑制など今更ながらビックリさせられます。

「吹き抜け」という言葉自体が豊かさの象徴であるかのような一人歩きをしている観もありますが、そう括るのではなく、登呂遺跡の日本の原住まいがワンルームであったように家族がひとつの空間に繋がる居間の吹き抜け志向は現代人の心の中にも残っているように思えます。

ima_110708.jpg

ima_110708-1.jpg


投稿日:2011年11月18日

投稿者 arhiro : 09:23

床に落ちる光、天井より落ちる光

いつも設計するときに考えることのひとつに光の扱いです。

建築の空間を演出していくことを考えない建築の設計者はおそらくいないのではないのでしょうか、それは自然の光にせよ人工の光にせよ、その強力な味方になってくれるからです。

ユニバーサルデザインという言葉がありますが、だから考えるというのではなく住宅に限らず室内空間に魅力を加えるには、低い位置から床に落ちる光、天井から落ちる空からの光、もちろん壁の窓からの光。

それらは人に明るさという快適性を与えてくれるだけでなく、空気の流れによる健康にも繋がる快適性や視界という癒しの快適性も同時に与えてくれるのです。

人が室内にいて外部空間と大げさかもしれませんが「語り合う」機能が「窓」「ウィンドウ」という言葉の底にはには流れいたのです。

そんな見方で「どこに穴を開けたやろう」と考えます。

・・・・・・・・・そんな見方でこの玄関の引き戸や地窓を眺めてください、他の部屋にも他の設計にもそんな開口部が登場してきます。


genkan_110708.jpg

genkan_110708-1.jpg



投稿日:2011年11月12日

投稿者 arhiro : 08:21

住宅の廊下は文章の余白のようなもの

玄関から南へ向かった正面が和室、その東隣が居間、その廊下はご覧のような長さです。

住宅のプランを練ってまとめ上げる過程では廊下などの通路は延べ面積を節約するためにどうしてもなくしたい部分、無駄な部分でついのけ者にしたくなる部分です。

ところが廊下に限らず、ちょっと広すぎるかなと思う居間、フレキシブルな区切りで使い分けを前提に作った広間など、文章で言えば余白、落語の間の取りかたにも似た妙味があるものなのです。

予算の無駄遣いどころか、建築主さんも設計者も完成したときの充実感を味わえる空間になるのです。

床はカバのフローリング、壁は珪藻土のジュラク塗り、天井は杉の柾目板、ダウンライトは多すぎないように明かりがほんのりと。

rouka_110822.jpg

rouka_110822-1.jpg


投稿日:2011年11月07日

投稿者 arhiro : 19:48

明るく客人を迎える玄関

車庫と書道塾、住宅とプランを眺めると、玄関は車庫に車を収納してそのまま書道塾の西側の廊下を通過、そして玄関のホールを回り込むと住宅の居間に到達するという位置関係です。

北を上にした長方形の敷地を右下から時計と反対方向に廻って居間に到着する感じです。

プラン図だけ見ていれば通路のような細長い無駄なスペースという感じですが、西側の南北に長い地窓を設けるとご覧のようにお客差を歓迎する最適の場所になってしまいます。

玄関内に手水鉢や木製のベンチ、家人用のクロークを設けてありますが、変に重量感を感じさせないようなデザインにしてあるつもりなんです。


genkan_110822-2.jpg

genkan_110822-3.jpg


投稿日:2011年11月03日

投稿者 arhiro : 19:45

和室の坪庭の価値

坪庭というのは、道の面した間口が狭くて奥に細長く伸びた京都の町屋のような隅の一角にほっと天の光を取り込むかのように作ってある小さな植え込みを連想することでしょう。

しかしこの坪庭は6畳の和室の9尺間口の巾でその南に作られた屋根のある光庭に作られたものです。

見ていただくとバックには壁がL形に建っています、これはいわゆる木造の軸組工法に法で定められた耐力壁なのです。

軸組みの計算では必ずしもL型にしなければならないということも無いのですが、敢えてこのような外部でも建物のコーナーはL型に耐力壁を配置することにしています。

今回の東日本大震災では津波の被害ばかりが報じられているようですが、建築の専門雑誌では詳細な建物被害の解析が同時に報じられています。

それによるとやはりというか、法で定める壁量の1.5倍は最低欲しい、耐力壁の地震に対する有効性が改めて強調されています。

デザイン的ちょっと無粋かな?と思っても躊躇することなく耐力壁を図面に落としておくのが建築主さんを守ることに繋がるのです。

もちろんこの坪庭は西風の強いこの場所にとってそれにも増した意味を持っていますが。

niwa_110711.jpg


投稿日:2011年10月29日

投稿者 arhiro : 20:38

裏玄関への勝手通路

住宅の東側の敷地を南北に抜ける勝手通路です。

北の市道側正面、数奇屋門の東脇にアルミ扉の門から南庭に向かって、玄関ポーチ、裏玄関、ダイニング、そしてテラスへのアクセスを繋ぐように貫通しています。

普段の生活シーンで最もお世話になる通路になることでしょう。

敷地の東側、画像の右側は柿の畑が広がっています。
木の格子塀はそれが見えない高さとせず、見える高さとして防犯性を考慮しています。

tsuro_110716.jpg



投稿日:2011年10月21日

投稿者 arhiro : 06:54

南庭からの遠景

南の庭園のさらに南は水路になっていますが、そこに出て建物の南側の外観を撮ってみました。

予算が許せば庭園工事も建物の工事に続けて完成させておくことをお奨めすることにしています。

建物とのバランスを設計の立場から満足のいくものにしておきたいこともありますが、時間を空けてしまうとどうしても気持ちが萎えてしまっており、こうしたいという意思も変化してしまうからです。

KO_houseでは設計当初の段階から建物だけでなく庭園を含めたコーディネートを進めていました。

minaminiwa_110822.jpg


投稿日:2011年10月18日

投稿者 arhiro : 19:29

数奇屋門の存在感

表門は数奇屋風の軽いデザインにしました、玄関はこちらですよ、と誘導していてくれています。

設計時点では長いアプローチの終点に待ち構えているように配置されているので、歌舞伎門風の重いデザインで自己主張させてもということも思いましたが、こうして完成して飾り石が置かれて槙の木が成長したときを想像すると、どっしり待ち構ええているより良かったようです。

鉄平石のように見えているのはブロックの化粧もの、鉄平のように汚れることも無く、意外と横ラインが和風です。

書道塾の外壁は窯業系の化粧サイディング、こちらも横ラインと漆喰に近い色が気に入って採用しましたが、ジョイント部にヒバ材で縦ラインを入れてオスモで仕上げてあるのがポイントです。

mon_110822.jpg


投稿日:2011年10月16日

投稿者 arhiro : 19:13

長い玄関までの露地

露地とは茶室に付随する庭という意味で使われていますが、もともと町屋の家と家を繋ぐ通路のことを差していたようです。

茶室に至る通路を露地と呼ぶようになってのは江戸時代の中期だそうです。

表門の引き戸を潜って広がる世界は、建築主さんには申し訳ないんですが設計者自身の憧れを実現させていただいた独りよがりの露地です。

玄関に至る露地も茶室に至る露地も客人をもてなす目的は同じです。

こうして完成してから訪問客のつもりで歩いてみると、玄関に至る何歩かで落ち着きと心の準備をするという茶道にも通ずるものを感じます。

genkan_110822.jpg

genkan_110822-1.jpg


投稿日:2011年10月15日

投稿者 arhiro : 19:52

アプローチの役割

敷地の北側、全面道路に面する車庫と書道塾、その奥が住宅です。

書道塾脇の踏み石とスロープの平行して並ぶ通路を通ると奥に住まいの表玄関があります。

敷地全体の南北方向の長さが分かる図面をここで並べられないのですが、この画像から想像するとかなりの南北長さがあるようにも見えます。

実は設計時点では南側の庭のさらに南には畑が計画されていましたが、実施設計進行中に急遽北側のアプローチ部分の使い勝手を考え直しました。

敷地の南側に増築できるスペースを残したり、畑を作ったりといったケースはよくありがちな選択肢ですが、南北が長い敷地の場合南へ詰めておくという考え方が意外と先見性があるものです。

apohchi_110822.jpg

apohchi_110822-1.jpg


投稿日:2011年10月13日

投稿者 arhiro : 07:41