■建築設計監理の代理契約にて建築主を強力にサポートする岐阜県揖斐川㈱すぎはら設計のサイトです.............住宅・ショップ・オフィス・工場等建築に関わる「夢の実現」や「難しいこと」を工事請負契約を目的としない中立な立場で、プランニング段階より他の士業専門家と協力して個性と目的の具現化に向かい応援いたします。





健康な生活がおくれる住宅

東日本大震災で亡くなった方が15000人超となったことを新聞紙上で見ました。

死亡された人数で比較することは不謹慎かもしれません。
ご批判を覚悟で比較しますが、調べてみたら(財)東京救急協会の調査によれば、1年にお風呂で心不全などの病死を含めて亡くなる方の人数が奇しくも14000人にものぼるそうです。

1000年に一度とも言われているマグニチュード9.0の地震による建物被害と津波やそれに関わる被害で15000人と、1年に14000人が亡くなっている建物の室内環境が原因という死者の数、数だけで比較すれば明らかに後者が多いように思うのは錯覚でしょうか?

震災復興に向かって政府も苦しい財政ながら赤字国債をさらに発行するということは、人的被害に沈んではいられない、インフラを再整備して新しい東日本を作り直さなければならない。

というだけではなく、政治家さんたちは公共工事を通じてお金をばら撒けばデフレと円高に苦しむ日本丸の沈没を救う景気対策のきっかけにでもなると考えているのではないでしょうか。

それもひとつの考え方かもしれませんが、それだけで時間が過ぎれば残ったのは膨らんで破裂しそうな赤字国債と増税の嵐、そしてお荷物になりそうな公共施設ばかりというのではなく、その流れの中に個人の生活の城である住まいの将来を見据えた施策を乗せていって欲しいものです。

省エネの次世代基準はここ数年の内には法制化され住宅性能の義務化に向かっているとも噂を聞いています。
10年以上も置いてけぼりだった基準を再生エネルギー買取法案のように、是非法制化して、25パーセント削減に向かってスタートさせてもらいたいものです。

25年以上、住まいの省エネから始まりもはや「創エネ」ともいえる時代の変遷、日本の住まい作りの基準の変遷を眺めていると、次世代基準の法制化に向かう下地は出来てきているように思うのですが。

住宅の室内環境の悪さを改善すれば、1年に14000人の犠牲者が減るばかりでなく、社会福祉の予算も少しづつ減るのではないでしょうか?

高断熱高気密、省エネ、シックハウス、性能表示、自立環境型住宅、CASBEE、太陽光発電、長期優良住宅、いろいろあってもやっぱり終着駅は「健康な生活が住宅」ではないかと老婆心ながら思うのです。


投稿日:2011年09月05日

投稿者 arhiro : 07:21

パッシブなソーラーでいこう

パッシブソーラーという言葉を聞かれたことがありますか?

屋根に発電パネルを並べて発電して、照明器具や給湯、冷暖房の電源として使用すると共に、それらが必要とされない昼間あるいは季節には、電力会社に売電することによりエネルギーの有効利用を図るシステム、最近マスコミにも取り上げられることが多くなり良く知られるようになった「太陽光発電」です。
人工衛星の姿をTVなどで見られることもあるかと思いますが、あの羽根の様に伸びたパネルがそれです。
自治体からの補助金も得られ、ますます普及していく気配です。


また、同様に屋根に液体の触媒液を満たしたパネルを並べて、熱エネルギーを集め、熱エネルギーを運ぶ触媒をポリブデン管という半永久的に腐食することの無い配管で建物内を巡らせ、配管が床下土間内にあれば床暖房として、ボイラーへ入れば給湯して台所や浴室にお湯としてその熱エネルギーを利用する。

最近は上記の2例の他にも方式はたくさんありますが、これらは「アクティブソーラー」といって、機械の力を借りた、正に力づくの方法です。

したがって、機械に頼ることによるデメリットは避けられません。


これらに対して、「パッシブ」の考え方を紹介します。

たとえば、冬の昼間の低い角度で居間に差し込む太陽エネルギーを部屋内部の建材に畜熱して夜間の暖房に利用する。

これは、縁側で膝にネコを抱いてうたた寝をするおばあちゃんの絵を思い浮かべていただくと理解できるような温まり方です。

一時期サンルームというのが流行しましたが、日本の伝統的「広縁」と共通した利点がありますが、断熱された縁側室内に畜熱性のある材料を使用することにより、日差しから取り込まれた熱は一定時間そこに留まろうとします。

サンルームという言葉の響きから想像される明るいイメージではありませんが、まさにネコが好みそうな、ゆったりとした暖かさです。

畜熱材としてはやはり伝統的な木材や土など自然素材が良いデータを出します。

力もなく、頼りなく期待できるほどでもないが、気持ちよい暖かさを体感できる。
冬の寒い日の縁側にたまった陽だまりが気持ちよかった記憶のある方は少なくないのではないでしょうか。

アクチィブソーラーのような明確な効果は感じられませんが、ジワリとした感覚、これこそが「パッシブソーラー」の真髄です。

夏の昼間の日差しは庇で遮ってしまうのが最善のようですが、夜間の地上付近を北窓から、そよ吹くすずしい風は床下から取り込んでやり、気密力と断熱力で補い利用できます。

「Sさんの家」(作品集に紹介してあります)にはそんなパッシブ生活が楽しめるようにあちこちに仕掛けがしてあります。


投稿日:2011年02月12日

投稿者 arhiro : 08:47 | トラックバック

私の基本姿勢

建築家(建築の専業設計事務所)というと設計図ばかりを描いているとか、役所の仕事しかしていないとか、何か敷居の高い存在に思われている方や、建設会社やハウスメーカーとの違いが理解できない方、
自分には縁のないマイナーな存在と考えている方はまだたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

世の中の仕組みが複雑になりすぎて情報過多の状態になってしまっているのと、大規模な公共物の設計が中心の「建築家」といえる知名度の高い方々のつくってくれた設計事務所に対する印象も加わって、
私たちのような最も「敷居の低い」タイプの建築家の存在は、その影に隠れて姿がはっきり見えず、不安感があり、関りのもちにくい存在になってしまっているようにも感じます。

存在感をアピールするだけでなく、理解していただくのもこのホームページの目的のひとつです。

このホームページでは詳細に説明を加えていますが、「敷居の低い」設計家も設計図を描くばかりではなく、「トータルデザイナー」とでもいうようなプロデュース業務が「設計監理」という言葉と置き換わっています。

基本姿勢としては、以下のように決めています。

■建築主さんの立場に立って設計・現場監理をする。

■設計以前の話から相談を受ける。(敷地選択、予算管理など)

■要望を具体化するのではなく提案からスタートする。

■新築だけでなく、増改築・リフォームも含めてバランスの取れた設計とする。

■ものずくりをする専門家であることを忘れず、こだわり続ける。


投稿日:2011年02月11日

投稿者 arhiro : 19:35 | トラックバック

断熱と気密、換気のその先にある住宅の常識

「外張断熱」での高断熱住宅を何棟か設計しました。

それにはアキレスが販売しているオープンな外断熱工法を採用したこともありました。

これは、ウレタンボードで建物全体をくるむものです。・・・セーターを着せてやるようなものです。

湿気のある部屋の空気が温度変化のある断熱層に浸入すると、結露がおきます。

木造軸組工法では柱と柱のに断熱材を挿入する「軸間断熱」の場合、柱や梁が断熱層内に存在することになります。
それに対して「外張断熱」は、断熱層を柱の並ぶ外側に出すことにより、骨組みを構成する躯体内の結露は起きにくい構造となるのです。

また、「軸間断熱」では断熱層の外側になってしまう屋根裏や床下が、「外張断熱」では断熱層の内側つまり部屋側になるので、夏の屋根裏の暑さ、冬の床下の寒さが部屋内部に影響は少なくなります。

逆に、床下の水の浸入がないよう対策を講じておかないと床下はプール状態になります。

家の中で外部の暑さ寒さを、冷暖房の機械装置を使ってしのごうとすれば、外界からの熱の影響を少なくしなければなりません。

魔法瓶なら最初の温度が長く保たれるのに対し、断熱層のないポットであればずっと通電しなければないのと同様です。

そのほかにも、熱を跳ね返す「遮熱」塗料の技術や熱のエネルギーを分子の運動エネルギーに変換する塗料技術も最近では登場してきました。

すべてこういった技術は省エネルギーと快適性を目指しては生まれてきました。

強調したい点は、すべてを科学技術に頼ることでは解決しないこともあるということ、しかしこれらの技術に関して常にアンテナを向けずには住宅や建築を作ってはいけないということです。

私はそんな方向性の中、以下のような考え方を設計に取り入れています。

自然の通風とセットで室内の快適性を得ることは日本では古くから定説となっていますが、そのために重要なのは高気密性(密閉度)を高めることです。

高断熱は高気密とセットになり効果のあるものになりますが、換気を忘れ無いことです。

温帯の高気密高断熱住宅には、「閉じるための技術」と「開くための設計」がセットで必要です。

気候の厳しい真冬と真夏は閉じて、最小限の換気装置で補い、それ以外の季節はなるべく開くのです。

具体的には通風のための風の道、窓の種類、日射を調整するため窓の位置、庇の大きさ、ブラインドや時には落葉樹の利用などなど、基本的な「家の設計」そのものが非常に大切になります。

うまく設計すれば、例えば夏でも夜は窓を開けて涼しい外気を取り込み、朝に閉めれば午前中くらいはクーラーがいらない・・・といった使い方も可能です。

高価な材料や技術ではなく、難なく工夫できる従来からあることを設計で実行するということです。


投稿日:2011年02月11日

投稿者 arhiro : 18:27 | トラックバック

木造は日本人のDNAに刻みこまれている

「木造の軸組工法」という言葉を聞かれたことがあるかもしれませんが、線材といって、直線で表現できる柱(タテに立つ材料)や梁(ヨコ方向に柱を連結している材料)、床組(床をささえる材料)、屋根、などで主に構成されている骨組みです。
自然の力で成長した素材、植物で人間の生活環境の部分を構成することは、言うまでも無く人間の生活にやすらぎを与えてくれます。

日本人の祖先が樹木を乾燥させて建物を作るようになって、何千年という歴史を積み重ねており、生活の中に滲みこんでいるせいでしょうか、鉄骨造や鉄筋コンクリートが伝わってきて、これだけ普及した現代においても、尚国土交通省のアンケート調査では、日本国民の8割以上が木造の戸建住宅に住みたいという願望をもっている、という結果が物語っています。

そしてそれを支えているのは、決して大手住宅メーカーではなく、全国に広く分布し、地味な活動を続ける身近な中小地元工務店がその8割をしめています。

大きな会社の組織力は、その工事量や売り上げを確保するためには有力かもしれませんが、良い住宅をひとりの施主さんのために、たった1軒作るのには重要な要素ではないことを裏付けているように思えてならないのは私だけでしょうか。

また、一時期、日本の商社が南洋の森林を伐採しつくしたことが地球温暖化の一因であるという報道を聞いたことがありませんか。

あの行為のおかげで樹木を伐採すること自体までもが「悪」のレッテルを貼られてしまいました。
しかし、環境保護の点からは、計画的に伐採して、木造住宅に使用することは、鉄骨造やコンクリート造に比べて、その生産に消費するエネルギー量がはるかに少なく、したがって二酸化炭素の発生量を抑えることができるのをご存知でしたでしょうか。

木材は、住宅にその形を変えたとしても、その解体の時期を迎えたときにも、やはり有機物質としての再利用により第2の価値を生み出すことができ、またそれに必要とする消費エネルギーやコストも、やはり金属やコンクリートなどより格段に少なくてすむのです。

研究者の中には、木造の住まいをたくさん造ることは、環境保護の面で、街に森をつくるに等しいと言った方がみえます。

樹木の成長に100年掛かるとすれば、100年間寿命のある住宅をつくれば、環境に負荷を与えない完全なサイクルが成り立つとする理論も存在しています。
(参考文献:「木材の住科学 木造建築を考える」東京大学教授 有馬孝禮著 東京大学出版会)

木造の住宅を作るのは時間が掛かります。
なぜかといえば、生き物を人間の生活容器とするからです。
何十年、何百年と地面から養分を吸い続けて成長した樹木を伐採すれば、その水分を抜いてやらなければなりません。
そして木材は、乾燥することにより強度を持つ性質をもち、乾燥時間が非常に大切で、建物にその命の形を変えてから何年生きてゆけるかが決められる作業といえます。
このことを、大工さんはよくご存知です。

私は、その乾燥に必要な時間は神様が樹木と人に与えた「運命」ではないかと解釈しています。
まさに、住まい、特に木造軸組工法の家は、じっくりと建築主さんと話し合う必要があり、数年という月日はあっというまに流れてしまいます。

人は、四季の移ろいを感じつつ、数年の周期で我が家の完成の感激を味わい、木材はその時間の経過のなかで、乾燥を終えその家の一員として落ち着き、強度を発揮する。
その現場を通じて知り合ったメンバーは、私を含めて仲良しとなり、竣工後のメンテナンスも、知り合い、あるいは友人のひとりとして、また訪れることができるようになっている。

ロマンチストを気取っているのではなく、これが本来あるべき住まい創りであり、現実も経験しつつあります。

ファーストフードに対する「スローフード」という言葉があるように、住まいの創り方もスローであるべきで、これには、木造がピッタンコなのです。
私はこんな考え方、生き方がこの上なく好きです。


投稿日:2011年02月11日

投稿者 arhiro : 11:32 | トラックバック

美しい空間

若かりし頃はデザイン力を駆使して所謂売れる作品、賞の取れる作品を目指していた時期が続いていました。

そのために三次元の汎用CADのアーキキャドなんて当時としては高価で難しいソフトをマスターしました、もちろん今もプランニングには使っていますが、その方向性に何時しか疑問を持つようになりました。

それは木造の住宅を多く手がけるようになってきてからです。

最近は聞かなくなってきましたデザイン力を武器にした住まいの達人や匠番組、非日常性を感じさせる異空間の住まい、住宅を作る人たち。

彼らと同一線上に見られたくない、これ自体も独りよがりにも思えますが、人の生活に必要なものは本当は違うのではないかと、そんな思いを持つようになりました。

非日常の空間を日常である住宅の中に持ち込む理由や必要性は、確かにその趣味のある人々のものであって、永い人生の一断面にしか過ぎない空しさを感じてしまいます。

良いものとセンスの良さに囲まれた生活は、充実感と良い感覚を生む環境を作ってくれることはもちろん重要です。
それすらも考えず設計に臨んでいる設計屋は、私個人的な見方からすれば周りにも居ます。

順序からするとやはり人間の生活の容器としては、生活の山や谷の永い営みを見守ってくれる存在でありたいという思い、身を守る、暖かい、涼しいといった、ものを食べて美味しいと同等な位置づけで住宅を捉えて作ってゆくのが自然な考え方だと思うのです。

非日常的な異空間は一年に一度くらいはいいのですが、普段はやはり「美味しい」にはならないのです。


投稿日:2009年11月22日

投稿者 arhiro : 10:15

温度差のない暮らしとアトピー

■気密・断熱という言葉が住宅のエネルギー消費を抑える効果の代名詞であるかのごとく、有名なことは多くの人が知るところですが、同時に気密という性能が語感だけで人間の健康を阻害しているような印象を持たれてしまっているのも可笑しい限りです。

人間の肌に近い「温度差のない暮らし」という言葉からは、工法はもちろん気密・断熱であるが、気密・断熱のマニアックな語感より分かりやすく、人間の健康に密着した印象を受けます。

我が家も過去に悩まされた経験のあるアトピー性皮膚炎の子供さんが「温度差のない暮らし」により改善された実験結果の資料を掲載してみました。

ハウスネクストの森田様から定期的に送られてくるメールからの引用ですが、こんなすばらしい効果が確かめられているのであれば、知らない建築専門家は恥ずかしい限りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「シックハウスと考える会」と「安全な住環境に関する研究会」による健康住宅モデルについては報告済みですが、その中で、アトピー性皮膚炎症状の改善が見られた事の記載があります。

この事は環境を整える事で“薬に頼らない”まさに“予防になる”とい事を示唆しています。全文を紹介しましょう。

在来住宅とモデル住宅でのアトピー性皮膚炎症状の改善「体験入居調査協力者である2歳のアトピー性症状男子について皮膚症状の変化を観察し、改善が見られた。

在来住宅にて生活中、2歳男児は、慢性の経過で、皮膚科でアトピー性皮膚炎と診断され、ワセリン軟膏と副腎皮質ホルモン軟膏治療を受けていた。

副腎皮膚ホルモン軟膏は、症状が強くなった時に使用していた。

12月(平成18年)診察時には乾燥皮膚と、頚部皮膚、顔面皮膚、肘か、膝膕皮膚中心に紅斑、丘疹が軽度あり、かゆみがあり、患部皮膚に掻は痕が軽度あり、耳切れが見られた。

これらの経過と症状は、アトピー性皮膚炎の診断基準に合致していた。

モデル住宅に1月15日(平成19年)から体験入居し、ワセリン軟膏のみ使用で、経過を観察しているが、次第に症状は改善し、かゆみが無くなった。

3月4日診察では掻か痕がなく、耳切れがなく、頚部皮膚に小丘疹が少数散在するのみとなって、明らかな改善が見られた。

モデル住宅では、各居室の温度が比較的一定で、室間の温度差が非常に小さく、上下温度差も少なく、結露が全く発生しなかった。

カビの測定結果でも、室内塵のカビ数は非常にに少なかった。

ふき取り調査でのカビ数も非常に少なく、洗面台ですこしカビ汚染が見られたものの、浴室では全くカビ汚染が見られなかった。

水回りのカビ汚染もまだ殆どなかった。

ダニ類の検査では、ヒョウダニ、ツメダニ、イエササラダニ等のダニ類は検出されなかった。

一方、在来住宅では、暖房冷房のある部屋のリビング・ダイニングルーム等と暖房冷房のない脱衣洗面浴室等との温度差が大きく、冷房暖房時の上下温度差も大であり、寒冷時には窓等に結露が発生し、カビの発生もあり、ダニ類も検出されていた。

アトピー性皮膚炎症改善に、結露、室内温度環境改善、カビ、ダニ等の生物学的環境変化等が影響している可能性も考えられるので、今後、調査分析症例を増やし検討する予定である。」

このモデルハウスは全館空調で、第1種換気システムが採用されている。

このモデルハウスは経済性の配慮もされている。市販の材料が主体で、このために特別に調達や製造(製作)されたものはないとの事でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


投稿日:2007年06月08日

投稿者 arhiro : 15:16

温度差のない暮らしが健康と生きがいを生む

みなさんは住宅の室内空間において天井付近と床付近の温度差が少ないことが、予防医療になることをご存知ですか?

シックハウスを研究している医学者が、気密断熱を気にして作られてきた従来の住宅と、気密断熱を設計上で制御して作られた住宅にシックハウス症候群の既往のある人の協力の下に実験を試みている例があるようです。

同一条件のもとに一定期間滞在していただき、その血圧と脈拍を比較すると明らかに気密断熱を気にして作られた住宅に軍配が上がっています。

そのあたりを勉強されているある知り合いからのメールを以下に紹介しておきますが、私も心して取り入れている設計方針がエネルギーロスを押さえるだけでなく、予防医療にもなっていることを確信しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「シックハウスと考える会」と「安全な住環境に関する研究会」とのジョイントで健康住宅モデルハウスが昨年完成しています。勿論アイシネンが採用されていますが、5月15日に研究会の総会と報告会が東大坂本先生や省庁の方々さらに杉田医学博士(大阪労働衛生総合センター所長)も出席のもとに行われました。
キングラン・ハウネストもこの研究会の会員として今後活動を開始して行きます。この報告書は国交省住宅局の名前で出版されています。

報告の中で、血圧測定の比較が発表されました。
温度差がない居住空間ではいかに安定しているかがわかります。協力者は45歳のシックハウス症群の既往のある男性で血圧、脈拍の測定結果です。築20年在来住宅の温度差のある結果との比較です。

* 在来住宅での各室の温度と入浴前後の血圧変動
   場所         温度    血圧     脈拍
   リビング       17℃  126-84  72
   風呂場        6.4℃ 151-101 76
   入浴中 風呂湯温度 41℃   137-78  79
   入浴後             147-98  76
   リビング       17℃  124-84  75

* モデルハウスでの各室の温度と入浴前後の血圧の変動
   場所        温度    血圧      脈拍
   リビング      19.5℃ 120-80  72
   風呂場       19.5℃ 131-85  76
   入浴中 湯温41℃       125-82  74
   入浴後             134-86  76
   リビング      19.5℃ 122-82  75

温度差のない暮らしでは、以上の様に最高血圧、最低血圧とも変動は少ないという事がお分かりいただけると思います。住環境を良くする事は、予防医療に繋がっているといえます。
予防の大切さを改めて認識したいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


投稿日:2007年05月29日

投稿者 arhiro : 16:26

健やかに住まう室内環境は

■健やかに住まうためのエアバリヤ(気密)

エアバリヤーという言葉は聞くことが少なくても、高気密という言葉は聞かれることが多くなったのでは無いでしょうか?

新聞紙上でも、Q値、C値なんてのもよく報じられていますが、建築主さんによっては謎かけのように訊ねてこられる方もいらっしゃいます。

これらの値は住宅の熱性能を数値で解りやすくしたものですが、解りやすそうで実感しずらいものでもあります。

昔から風通しの良い家がいいなどと言われますが、この風は自然の力で勝手に入ってくる風のことなのです。

風は空気の動きですから、囲まれた住まいという空間に居る人間には体感的に涼しい思いをさせてくれます。

ところが一歩踏み込んで考えてみると、空気は同時に水蒸気や熱を運んでゆき、これがエネルギーロスに繋がってゆくことになるということです、すなわち、逆にそこの部分を神経質に検討しコントロールできれば、省エネ効果が高いということです。

このコントロールをするのにエアバリヤー(気密)という性能が必要になります。

外断熱とか軸間断熱とかいって工法を競い、住宅全体を断熱材で包み込むことに努力するよりも、その中を行き来する空気そのもの動きを見つめた方が効果的なようです。

読んで頂いている人によっては、すべて当たり前のことばかり書いているようで何を寝ぼけているの?と言われそうですが、こんな簡単な話に日本の住まいは何年も無関心というか、不器用で大雑把でいたように思います。

室内の空気を管理コントロールするということは、エアバリヤーが前提となります。
これに現在注目しています。

これに限らず、ちょっとでもマニアックに関心を強くもっていたほうが建築主さん自信も最終的に得をするのも事実です。


投稿日:2007年01月02日

投稿者 arhiro : 10:23

住まいの理想を探る旅

■タイトルの言葉の響きは格好が良いのですが、プランを作り始める当初の段階でのヒヤリングからスタートして、その人がどんな住まいを求めておられるかを知ろうとする作業はまさに「旅」といった観があります。

①出逢い(まちかどけんちくか)ではさらりと記述していますが、加えるにすぎはら設計ではプランがまとまるまでには多くの時間と手間を掛けます。

これがまさに㈱すぎはら設計の大きな特徴であることに間違いはありません。

私が中学生の頃、数学の先生に教えられたこと、「数学は答えが正解でも100点は上げません、答えを出した過程に配点を多くします、考え方が間違っていてはあなたたちのためになりません」・・・と。

いえづくりもまさにこれです。

設計の過程、現場監理の過程を一歩一歩大切に進める作業には、その昔の良き時代の大工の棟梁が現場のまとめ役であったことを思わせる安心感と、コミュニケーションの深さによる精度の高い実現性を約束してくれます。


■二つ目にキーワードは「家族がいつまでも心身ともに健やかに住まえること」です。

断熱、気密、オール電化、自然素材、通風、蓄熱、基礎断熱、遮熱、耐震、免震、などなど、全ての技術はそのための具体的手段であって目的ではありません。

ものを多くを売って利益を得ることを目的とはしません、否、設計事務所の企業規模ではできないのです。
だからこそ設計者の設計監理には出来ることがたくさんあります。

始まりはあっても終わりがありませんが、もっと具体的に何を創ってゆくかをこのカテゴリーで説明してゆきます。


投稿日:2006年10月30日

投稿者 arhiro : 16:38