自身で家の手入れをされている方へ

 地元自治体による無料耐震診断を継続して実施しています。 (自身の家が昭和56年以前に完成しているのであれば無料で受信できますので、心配な方は一度受けられることをお勧めします。毎年受けられる物件数に限りがあるのでお住まいの地域の各自治体にお問い合わせください。)
 今自分の住む家の地震に対する危険度を知ることは今後の生活設計に対しても重要な要因になると思います。
 最近は若い方がDIYで改修するために中古住宅を買い、その建物を診断するケースも増えてきました。大概古いほど診断結果は良くない場合が多く補強を必要とする場合が多いのですが、そんな場合でも先立つ資金がなく工事されない方が多いようです。
 自分で家を手入れしそこに価値を見出して住まうことは昔なら普通にやっていたことですし、大変意味のあることだと思いますが、それと同時に家は危険から身を守るシェルターでもあります。この辺りの危険度の認識不足により危険な状態のまま使われる方も多いように思います。ご心配な方は相談に乗りますので、是非御連絡ください。